STORY | 満月花屋

フラワーデザイナー YASUKO

プロフィール

フラワーデザイナー/アーティスト

撫養泰子(yasuko muya)

福岡市出身

2005年から11年間、徳島県で地域に根付く花屋を

生花・アーティフィシャルフラワー・サノフラワーなどのギフトフラワーを主軸にフローリストとして営む。

葬祭の装花、ブライダルブーケのデザイン

アーティフィシャルフラワー認定サロン輩出

県内の企業様へ向けシーズナルな講座を定期開催。


自身のライフスタイルを見つめ直し

変化する時代に恐れず

働き方を刷新し、2016年に店舗を持たない

予約注文のみの形態として運営。

企業様や会員様のみの流通形態を作る。


2019年にAtoZdesignShop内で数秘術師AZさんのもと数秘を使いその人そのものの花束を

インスピレーションで束ね

「満月の日にだけ開く満月花屋」を限定開催。


1年後に正式に二軒屋駅内シェアオフィスで期間限定で独自にNEW満月花屋OPEN。


満月花屋という名の既存の花屋の形態では無い

自分らしい働き方を実現。


現在はアーティストとして

自身が運営するブランド「満月花屋」の運営や花園ライフも満喫中。

2005年~2017年 
徳島県阿南市の小さな町の小さな花屋
経営
Flower navigation coralreef

2019年7月
AtoZ designShop内にて
満月の日にだけ開く満月花屋
開店
数秘術を読み解きその人そのものの
花を束ねる

満月花屋
シェアオフィス期間限定Shop

現在は自宅アトリエで
自身のブランド「満月花屋」の運営やオンライン販売。
セカンドステージの生き方として花園生活を満喫中。